自慢の倉敷もつ鍋が人気な居酒屋 貸切り最大80名様までOK!大型スクリーンで2次会、女子会、宴会を!

自慢の倉敷もつ鍋が人気な居酒屋 貸切り最大80名様までOK!大型スクリーンで2次会、女子会、宴会を!

TEL.086-434-9610
営業時間 17:00~24:00
ラストオーダー お食事23:00、ドリンク23:30

お問い合わせ

DSC_0791

殺処分ゼロ。迷子犬の現実。

blog

2017/03/17

Work

倉敷 保健所

皆様こんばんわ。

昨日の勤務以降不眠でここまで参りました、谷本です(´Д⊂ヽ

すみません、今日は少し長文になります。

お付き合い下さいm(__)m

 

昨夜遅く・・・午前2時半ごろです、帰宅中のとある交差点でワンちゃんが丁寧にも横断歩道を渡っておりました。

対向車線側でしたが、リードもついており、落ち着いた雰囲気の子。

車は皆徐行で通り過ぎていきます。

僕は考えるとか、思うとか、そんな事なにもなくUターンしました。こんな体が勝手に動くってあるんだなーって思いました。

その子は横断歩道を渡ったとこで大人しく立ち止まってました。

車を路肩に停め、「どした、一人で歩く時間じゃないじゃろ(笑)」

人懐っこい雰囲気のその子はすぐ近づいてきました。

リードを引きずりながらよくまぁ何もなく歩いていてくれたなぁと思いながら、

こんな状況は初めての僕はどうしていいものか・・・・

とりあえず深夜でどうすることもできないのでひとまず警察へ。

わんちゃん、いい匂いもするし、トリミングもしっかりしていただいていたのでしょう、足の毛や爪、耳も綺麗で、飼い主様はとてもかわいがっていたのでしょう、助手席を開けるとすぐ自ら乗り込んでくれました。

警察署への道中も僕の膝の上で震えていました。

署についていきさつを話すと、やはり「おとしもの」として処理されるとのこと。

一か月の保管期間が終わると処分されますと。

「おとしもの」は一か月たつと破棄、又は譲渡されるとのこと。

うちには2匹の息子がいます。

大切な存在、愛おしい存在、癒し、家族、、、

そして、なにより命。

「保管期間が終わった後は引き取る意思はありますか?」

警察官と話してる間も膝の上でいい子にしているこの子を知らんぷりなんかできるわけがないですよね。

いろんなことを考えました。

殺処分。経済的に、生活のリズム的に、実際に新たに3匹目を受け入れることができるのか。

1か月間もし飼い主様が現れなければ、その間にSNSや知り合いに当たって家族になってくれる人を探そう。

それでも無理なら、うちの家族にしよう。

そう思い「引き取ります」そう答えました。

事務処理を終え、僕は帰宅しました。

どうかあの子が家族の所へ帰ることができますように・・・そう思いながら一杯はじめた矢先に

警察から連絡が。「可愛がられてたであろう子だからもう見つかったのかな?」

そう思いながら電話にでると、

「説明が足らなくてすみません、飼う意思があるのであれば引き取って面倒をみてください。迎えにこれますか?」

初めてワンちゃんを警察に届けたのでわかりませんが、これって普通の事なのでしょうか?

確か前ナンチャラ24時ではゲージがあって保護します的なのあったのに・・・

100万拾って引き取る意思あったら届けてしまえば持って帰っていいんですか?

確かに引き取る意思はありました。

でも今すぐ?今からいきなりワンちゃん来る?トイレやご飯、これまでどのようなしつけをされているかもわからない、そしてもちろん家の子たちもいきなり知らない子がくる。今は午前3時。

正直、ぼくは困りました。でも他にどうすることもできません。

「飲んだので明日の昼なら迎えに行けます」そう答えると警察官は

「うーん・・・歩いてくるも・・・無理ですよね。。。連れて行けばよろしいですか?」

色々なことが腑に落ちませんでしたが、「大丈夫です」

20分後に3人の警察官がワンちゃんを連れて来ました。

すぐにその子は僕に近づき、しゃがむと膝に乗ってきました。

玄関前でまた事務処理。終えたあと、わが家へ。

うちの子たちはいきなりきたその子に興味津々です。

勿論その子も知らない場所で知らない子たちに会って驚いたことでしょう。

でも、優しく迎え入れてくれました。ワンちゃんも落ち着いたのでしょう、すぐにくつろいでくれました。

DSC_0793

 

そこからです。

うちはゲージ等にいれず、二人とも自由にさせてます。

それはこれまでにトイレや噛んでいいもの、遊んでいいもの、これは近づいたら駄目なもの、そういった事を教えてきたからです。

 

でもいきなり3匹目。トイレもうちのルールも勿論この子は知りません。

僕は心のどこかで小さく「迷惑だ」と思ってしまいました。

おしっこもそこら中にしてしまいます。

しかしその子にしてみれば当たり前です。

知らない場所、知らない匂い、知らない環境。

飲む水の味も空気も違う。すごく不安だったでしょう。

それを分かった上でも僕はそこら中におしっこされるのが不安で、あれを嚙まれたら、ここに上ってしまったら・・・見てないといけない、寝れない、明日も仕事だ、寝たい。寝れない。自己中心的な考えがでてきました。

結果、客観的に見れば「軽い気持ちで保護したからそうなるんだ」と思いました。

でも、「軽い気持ち」でしょうか?

では目撃して、「あら、どしたんかな」

寝る前に「あの子大丈夫かな」

それでよかったのでしょうか。

DSC_0795

でも明日僕は仕事の間この子をおいたまま仕事にはいけない。。。。でも、そんな事を思いながらも、それでもこのまま家で家族にする覚悟もありました。何してもいいやとも思いました。

しかしその考えと一緒に「何をされるかわからない」  そう思ってしまったのです。

 

 

色々調べました。

極論を言うと、この命を絶やさずに、「今」僕以外でも保護できるところはないのかなと。

あまりにもいきなりすぎる。「今」は時間が足りないと。

そして調べるうちにどれだけ今この子は厳しい状況にいるか、

他にどれだけ窮地に立たされた子たちがいるか認識しました。

自分の力のなさ、ふがいなさ、できることの少なさ、「軽い気持ち」だったのかなと。

命の重さを認識していなかったのかなと。

 

倉敷市では保健所が引き取りを行ってくれています。

迷子犬の情報も発信してくれています。

でも、「保健所」です。悪意はありませんが、それはすべて「業務」「行政」「法律」「金銭」の中で、です。

殺処分されます。

自分の気持ちも含め、現実はこんなに命に冷たいものなんだと実感しました。

 

 

ワンちゃんがありがたいことに熟睡する中、朝を迎え、幸いにも警察から「飼い主らしき人から連絡があった」そう電話を頂きました。

飼い主様がお散歩の途中に倒れられたらしく、リードをつけたまま歩いていたようです。

昼前にご家族が迎えに来られて、無事家族のもとへ帰れたわけですが、、、

もしもその連絡がなかった時、

僕はどうしていたのだろう。

どうすればよかったのだろう。

今日も、今現在も全国で迷子犬、猫、、、様々な命が行く場所を無くし彷徨っています。

 

 

殺処分ゼロ。本当に本当に難しい問題だと実感しました。

「目に見える、目の届く命は必ず護りたい」

簡単なようで難しい世の中です。

人それぞれの意見、考え方、捉え方、取り組み方、様々あると思ます。

 

今回はたまたま目に見えた一つの命を救うことができました。

本当にたまたまです。

でも、現実を実感し、その時の自分の状況や気持ち、いろいろなことを考えると違う結果を迎える結末もあったかもしれません。

何が正解で、どれが正しい、そういったことは判りません。「お前がそのときそうしとけばもっとよかったじゃろ」「そんな事考えるなら初めから保護すんなや」「よくやった」様々なご意見、考え方があると思います。

何にせよ、一人でも多くの方に今回ぼくが経験した事を知って頂き、こんな事もあるんだ、、、そう考えていただければ幸いです。

新着記事NEW

倉敷の居酒屋蔵人!夏の爆釣劇

2017.08.20

16F296D0-41D3-4C86-8692-6FD620F0B451

倉敷の居酒屋蔵人!新メニュー続々追加!

2017.08.17

!cid_15df072819d6ad13f241

倉敷の居酒屋蔵人!ご好評につき!再度1000円クー...

2017.07.30

DSC_0229

倉敷の居酒屋蔵人!新メニューのご案内第一弾!

2017.07.02

倉敷の居酒屋蔵人スタッフ バスを釣る

2017.06.28

DSC_0105

カテゴリーCATEGORY

タグTAG

アーカイブARCHIVE

Copyright © 2003 - 2017 kuroudo All Rights Reserved.